スポンサーリンク

これって・・

マウスでの研究結果らしいんですけど

もしそうなら、

遊園地の乗り物がこわい夫婦からは、こどもも怖がる子しか

ほぼ産まれないってことになるのかな・・

 

遺伝って先天的なものかとおもいきや

そうでもないんですよね。不思議。

 

生きてるうちに遺伝子が少しずつ変わってるとか。

こわい。

 

 

カラー版徹底図解 遺伝のしくみ―「メンデルの法則」からヒトゲノム・遺伝子治療まで

カラー版徹底図解 遺伝のしくみ―「メンデルの法則」からヒトゲノム・遺伝子治療まで

  • 作者: 経塚淳子
  • 出版社/メーカー: 新星出版社
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 



恐怖の体験 子どもに受け継がれる NHKニュース
身の危険を感じるなどの体験は遺伝子に変化を引き起こし、次の世代に受け継がれることがあるという研究報告をアメリカの研究チームが発表しました。 アメリカのエモリー大学の研究チームは、オスのマウスにサクランボに似たにおいを嗅がせながら足に電気ショックを与え、このにおいを恐れるように訓練しました。 そして、このマウスをメスのマウスと交配させ、生まれた子どものマウスに同じにおいを嗅がせたところ、子どものマウスは、電気ショックは与えていないのに、においを恐れる行動を示したということです。 ...

予定日前、あと2回になった検診日。

今日の時点では、

3150gに。

子宮口は1cmくらい。3週間同じ。

 

なんだかもう出てくるような気がしてたんだけど、まだまだです。

 

病院の後、散歩がてら、ららぽーとへ。

すぐお腹が張るし、腰が痛い…。

 

 

過去記事にも書きましたが、フィリピン人は甘辛いものや、酸っぱくて辛いさっぱりとしたものを好みます。

filipino-mafia-in-yokosuka.hatenablog.com

そんな彼らに人気のあるコンビニのお惣菜をご存知でしょうか?
私の周りのフィリピン人が「あまりに美味しすぎるから店員さんに作り方を聞いた」といっているのがこれ。

f:id:usmilitarybase:20170523155246j:plain

このからっキュウという商品にはごま油が使われているそうです。ごま油ってフィリピン人にとってはあまり親しみがないものです。彼らにとって油といえばオリーブオイルですからね。でもこの商品を食べてごま油の美味しさに目覚めたフィリピン人も多いことでしょう。

タイトル通り、クソヤバいことがありました。

3週間前にあったSCABにて。司会をしてた佐藤さんに、MCバトル直後にこう言われました。

3週間後、宇和島ですごいメンツのライブがあるんだが来ないか、と。

詳しく聞くと、そのメンツとはなんと、

〇元スーパーバタードッグ、現マボロシの竹内朋康さん

〇韻シストのshyouさん、tarow-oneさん

〇SUIKAのタケウチカズタケさん

マボロシは1stをめっちゃ聴いたので上がりましたし、韻シストとSUIKAはあまり詳しくないものの全国区のnameなのでめちゃめちゃ上がりました。

もちろん行くことにし、その日は別れました。

当日。

この間の日曜日、夜7時30分。

僕と親父は宇和島のクラブ・BOOBYにいました(一応未成年なので親父と)。

すぐに佐藤さんを発見。ベロベロでした。

この間のバトルでモンスターだった大竹さんも発見し、しばらく音楽やらについて話し込みました。すごい為になる話でした。ありがとうございました!

djプレイに魅入ってると、8時過ぎ、ライブスタート。

ウェッサイカルテットの4人が登場しました。

ああ、全国で活躍してる4人が目の前3メートルのとこで演奏してるよ....。

この時点でやばかったです。

ウェッサイカルテットの音楽性はジャズ+ファンク+ロックみたいな。あまり詳しくないのでよくわかりませんが、そんな感じでした。すげえカッコよかったです。4人とも凄かったですが、キーボードのタケウチさんは本当にヤバかったです。

1stステージが終わり、休憩時間。

そのタケウチさんがフロアに降りてきました。うおおっ!と思っていると、タケウチさんは佐藤さんに近寄ります。

なるほど、知り合いなのか....と思ってると、

「こちらは中学生ラッパーの寝坊主」

なんと佐藤さんが紹介してくださりました!!!! タケウチさんと握手。再びうおおっ!! すると。

「君、この後ラップする?」

・・・・・・・・・・・・へ?状況が呑み込めませんでした。

なんと、僕が、このド田舎のアマチュア中学生“自称”ラッパーが、この全国区のビッグネーム4人とセッションすることになったんです。

ヤベエ。

ヤベエ。

その後楽屋に行って竹内さんたちとも握手を交わし、何にも打ち合わせないまま2ndステージが始まりました。

おい、おい、ヤバいぞ.......。

演奏も上の空で、必死にどうカマすか、フリースタイルの構成を考えてました。

けど、不思議と緊張はしてませんでした。

薄暗がりだったのと、僕はずっと抑圧されてた環境でrapしてたのでやっと公衆の面前でrapが出来る....っていう思いがあったのかもしれないです。

1、2曲が終わりついに、「今日は中学生のラッパーが来てるってことで....」とタケウチさんに紹介をあずかり、僕が壇上に上がるときが来ました。

観客は3、40人。

今日の昼間まで部屋で1人でrapしてたのに、今は3、40人の客が俺を見てる.....震えました。

セッションが始まりました。

あっという間でした。

3分間ぐらいずっとrapし続けました。

初めての舞台でめちゃめちゃテンパッてたので、セッションなのにバンドとの掛け合いもできなかったし、本当にバンドの皆さんには申し訳なかったです。

rapの内容的には、後半グダッてしまいましたが、全体的に良かったと自分では思ってます。

驚いたのが、バンドの皆さんのテクニック。

「そういう感覚で言葉を吐いてく 俺のrapはITよりハイテク」っていうラインを即興で言ったんですが、何にも言っていないのに「ハイテク」の部分で完璧な音抜き。けっこう観客の皆さんも盛り上がってくれました。

やっぱプロすげぇ.......。

その後はライブを楽しみ(「宇和島ビッチ」マジで最高でした)、帰りにローソンに寄ってリアルゴールドとからあげくんを買って食べながら帰りました。家に着いたのが11時過ぎ。

本当にヤバかったです。

間違いなくこのrapを聴き始めてからの2年半のハイライトでした。

ウェッサイカルテットの皆さん、聴いていただいた観客の皆さん、宇和島BOOBY、本当にありがとうございました。

こういう場を用意してくれたことに、感謝しても感謝しきれません。

佐藤さんが「なんか泣きそうになった」ってベロベロになってふらつきながら言ってくれました。

これからも頑張ろう。

 

 

追記

BOOBYのHPです。check!!

愛媛県宇和島市RENTAL BOX BOOBY | RENTAL BOX BOOBYはLIVE、BAR、2次会などの空間としてご利用いただけます

藤沼ダム

2018/03/10

5/12、福島県須賀川市、藤沼ダムに行ってきました。
2回目。(→前回)


f:id:kazu_ma634:20170621215057j:image:w400
ダム上流側は公園になっている。


f:id:kazu_ma634:20170621215058j:image:w400
ダム湖、藤沼貯水池
前回の記事には書いたが、この藤沼ダムは東日本大震災で決壊している。
その後、復旧工事を行い、今年の1月から3月まで試験湛水*1があった。
まだ工事中のところが多いが、農業用水の供給は始まっている。


f:id:kazu_ma634:20170621215059j:image:w400
天端*2へと続く道ですが、通行止めでした。
また、下流側からも通行止めとなっており、現在堤体に近づくことはできません。

*1:ダムが完成後、ダムに水を溜めて問題がないかをチェックする試験

*2:ダムの一番上の部分

冬休み。冬や雪のお話が多いラインナップです。で、学校も始まったことだし、返却しに行ったら図書館が閉まってました…orz

子うさぎましろのお話 (おはなし名作絵本 3)
前回紹介した生活発表会の原作本、「みんなでわたろう」の絵を描いた三好碩也さんが気になって検索してみたら、こんな本が見つかりました。名作絵本のだそうで、ちょっと知られた作品のようです。クリスマスにぴったりでした(借りたのは12/24)。

北の国に住む子うさぎ「ましろ」は、サンタさんにプレゼントをもらったものの、また欲しくなってしまいました。そこで、自分を炭で黒く染めて、帰ってきたサンタさんに「まだもらってないよ」と言い、プレゼント袋の奥に残っていたたねを一粒もらいます。しかし、しばらくしてから2度もプレゼントをもらってしまったことを後悔したましろは、たねを「神様に返す=土にうめる」ことにします。そこから生えてきたのは、光り輝くもみの木! しかも、プレゼントがたくさんなってくるのです!!

ましろが後悔してもみの木の世話をし、木に実ったおもちゃなどのプレゼントをもいでサンタさんを手伝うところ、なんかけなげでかわいいです。それにしても、その見事なプレゼントの木! 「みんなでわたろう」は暖かい感じの草原が緑色に塗られた絵でしたが、こちらはほとんどが線で描かれています。紙の白さが生かされて北国の寒い感じが出ているからこそ、輝くプレゼントの木がひきたつのでしょう。

それから、サンタさんが赤い服を着てなかったりとか、今のクリスマスとイメージが違うところもあります。そこがまた、いいのかもしれません。

ゆきがやんだら (学研おはなし絵本)
新聞の連載小説にも挿絵を描いてらっしゃることでさらに有名になった、酒井さんの絵本。前にに読んだ本も確かうさぎの親子でしたが、こちらもそうです。雪が降り続き、遊びたいけど家から出られず…。寂しいようで、でもちょっとワクワクするような、いろんな気持ちがまざったような感じがします。そして、夜にゆきがやんで、暗い中、外でちょっとだけ雪遊びします。

うちの子供達も「雪はまだか?」とか「北海道がうらやましい!」とかそんなことばっかり言ってますが。雪になったらなったで、こんな感じになるのでしょうか。

ふゆですよ (四季のえほん)
「こんにちは、ふゆですよ」という言葉に続いて冬の情景を次々に紹介する、そんな絵本です。田舎の雪景色ばかりが続くと思いきや、クリスマスの街の様子や、生き生きとする動物園の北国の生き物まで、いろいろ出てきます。

ちょうちんあんこうは…、茨城の代表的な冬の味覚みたいですね。テレビで見たので、うっかり絵に向かって「おいしそう」とかつぶやいてしまいます(笑)

ないしょのゆきだるま (あかね創作えほん)
ぼくとお父さんで、お願いごとをしながら作った雪だるま。なんと、夜中に勝手に動きだし、近所中の雪だるま達を集めてサッカーをするという、びっくり仰天なお話です(笑) ここまで雪つながりの絵本が続くと、本当に雪遊びしたくなります。

よくばりすぎたねこ (わたしのえほん)
ひよこを見つけたねこ。「すぐに食べないで大きく育ててから」「いや、たまごを産んでから」「いや、もっと数を増やしてから」と、欲望だけがどんどん拡大していって、いざ実行したら、大きくなったとたんに飛んで逃げられた、という…。子供に(さえ)、「ばーか」とか言われてしまうそんなお話でした。でも、まぁこんなもんだろうなー、とか思うのですけど。

もりいちばんのおともだち―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん (日本傑作絵本シリーズ)
上の子のすっかりお気に入りとなってしまった、くまさんとやまねくんのシリーズ。こちらが出会い編のようです。小さなもの好きのくまさんは小さなケーキを大事そうにちょっとづつ食べ、大きなものが好きなやまねくんは巨大なケーキをがつがつと…。そんな対比だったというのもなかなかおもしろいです。

この方の絵は、動物達がラブリー♪なのはもちろんですが、やっぱりその、畑が、うっそうとしつつもかほんわかかわいところが印象的ですね。また探してしまいそうです。

あわてた王さまきしゃにのる (寺村輝夫・ちいさな王さまシリーズ)
なくしたはずの汽車の形のえんぴつけずりになぜか乗って出発してしまうという、相も変わらずいつの間にやらへんな世界(って夢?)に入ってしまう、ちいさな王さまです。

お話のパターンに慣れてきたせいか絵にもだんだんと目が行くようになってきたのですが、今回も夢の世界では、夢の世界の住人や情景だけ、パステル画のようなタッチで、動物達はつみ木のセットにいるような動物の絵(形)になっています。でも、王さまは普通の線で描かれています。前も、布で表現したような絵の時もあったし。かわいいですよね。

絵本と違って児童文学、でも、毎ページに絵があって、しかし、カラーじゃなくって白黒がほとんど。ページをめくるごとに、違う本を手にするごとに、その工夫なんかを見るのもなかなかおもしろいこの頃です。

新婚旅行でヨーロッパに行ってきます。

7月から8月にかけて2週間程、ヨーロッパへ新婚旅行に行きます。

せっかくの新婚旅行。
ちょっと奮発してビジネスクラス!

しかし、航空券の検索をかけると、
5、57万円!?!?!?
べらぼうに高いのです。

ただ、ちょっとしたコツで30万円以下で予約できることを見つけました。

 

 

フィンエアーのサイトでの予約方法

フィンエアーのホームページを開くと、航空券予約のフォームが出てきます。

f:id:jun_53a_t:20160427211109p:plain

 

1「出発地」のフォームをクリックする。

その「出発地」のすぐ上に、

「往復」「片道」「複数の目的地」「世界周遊」と表示されます。

f:id:jun_53a_t:20160429174807p:plain

2その中の「複数の目的地」にチェックを入れる。

3出発地と到着地を入力する。

出発地に「釜山」、到着地に「ヘルシンキ」
出発地を釜山、到着地をヘルシンキ(もしくはヨーロッパ内就航地)にして、
下の欄には
出発地にヘルシンキ→到着地に日本の就航地
を入力するだけです。

 

すると
釜山→成田→ヘルシンキ→日本内就航地の長〜い片道航空券になるのです。

 

僕の場合は、
釜山→ヘルシンキ(成田経由)、
ヘルシンキ→プラハ、
プラハ→ヘルシンキ、
ヘルシンキ→関空
のルートにしました。

これで1人28万ちょっとです。

 

気をつけること

釜山→成田を乗らずに、
成田から出発できるのか?

 

というとこれはできません。
出発地釜山でチェックインしなければキャンセルとみなされるのです。

 

ということで、日本〜釜山までの航空券も確保しなければいけません

 

最寄り空港からの航空券を調べると、
ピーチや韓国系LCCで8000円台で買えます。

自分はLCCでは心許ないのでJALで関空→釜山(大韓航空とのコードシェア)を片道5万で予約しました。
なのでトータルで34万円という価格です。

 

フィンエアーとJALのコードシェア

これはフィンエアーが釜山にも就航するために、

成田〜釜山間をJALとのコードシェアという形をとっているため、

 

海外発でありながら日本発着便に乗れるようになっているのです。

 

いやあ、人生初のビジネスが楽しみですな。

「どんな授業をしたいの段」

『忍たま乱太郎』16期第94話

2008年8月21日放送

 

今日も滝夜叉丸は通常運転でしたw
 
山ぶ鬼は滝夜叉丸の事を少しかっこいいと思っていたらしい。まぁ、外見は悪くないからねw 実際、ドクたまを軽くあしらう姿は文句無しにカッコ良かった。
 
そしてその滝夜叉丸の背後にいとも簡単に立って一撃で気絶させた魔界之先生もやはり凄い。
 
滝夜叉丸がさらわれたと聞いた土井先生と山田先生はすぐに返すだろうと言って取り合わない。これは滝夜叉丸のウザい性格のせいですぐに返されるのが分かっていたと言うのもあるが、魔界之先生を信じていたと言うのもあるんだろうな。